社是  細心大胆
社訓    運命も努力には譲る

社長メッセージ

               代表取締役社長 小原照光

当社の社訓は「運命も努力には譲る」であり、財産はそれを実行する“人”です。己の力、努力によって自らを鍛え磨き、それぞれの人生を切り開く。そうした「人の価値」を当社は追い求めてきました。そして一人ひとりが自由な発想をもって、日本のモノづくりと技術に貢献する。その自覚を新たにしてお客様第一主義のもと、将来に向かってより信頼される企業づくりを目指してまいります。

経営理念

1、 人づくり・・・・・・・・・・人を活かし地域産業に貢献する。
2、 イノベーション・・・・・・・常に革新と創造に挑戦する。
3、 お客様に信頼される経営・・・お客様とは信頼関係で成り立っている。お客様の期待に応え社 会に貢献する。


 

『 モノづくりのための地域トップの総合商社を目指します 』

産業のデパートとも称される静岡県。静岡東部では製紙・化学工業が発展し、中部では伝統産業や機械工業、食品加工業、さらに西部に目を移すと輸送用機械、楽器、先端エレクトロ二クス・・・。多彩な産業集積を誇る静岡県をフィールドに、私達コハラのビジネスもまた幅と深みを増しました。大正11年、エンジン部品と船具の販売会社として焼津市で創業したコハラは、静岡の産業発展に 育まれながら取扱い製品を大幅に増やし、今日ではモノづくりに欠かせない機械・システム全般を取り扱う総合商社に生まれ変わっています。

『 コハラは常に明日の商品を考えます 』

商社の生命線は情報力。コハラは95年の歴史の中で300社以上に及ぶ一流仕入先とネットワークを結ぶ一方、最先端の 商品展示会、セミナーに積極的に参加し、常に最新情報を社内に蓄積しています。それらの情報の一つひとつを的確に判断し、選別し、あるいは組み合わせて、お客様にとってのベストチョイスを探り出します。



会社沿革

大正11年
小原作次郎により焼津市城之腰にて、エンジン部品・船具の販売にて創業
昭和20年
コンベヤーベルト加工、東海一円に販路拡大
昭和23年
資本金100万円にて株式会社コハラ商会に改組
昭和25年
工具・伝導用品を主力商品に加える
昭和28年
管材部門を主力商品に加える
昭和38年
空圧・油圧機器、自動省力機器を商品に加え、総合機械・工具商へと進展
昭和40年
代表取締役に小原曻就任
昭和41年
資本金700万円に増資
昭和42年
本社を焼津市焼津6丁目12番22号、現在地に新築移転
昭和44年
資本金1,500万円に増資
昭和45年
静岡営業所を静岡市沓谷5丁目12番6号に開設
昭和59年
資本金2,250万円に増資
昭和61年
静岡営業所新社屋完成
平成元年
OA・物流部門を主力商品に加え、総合商社へと進展
平成 2年
西部地区・掛川営業所を掛川市杉谷1丁目12番22号に開設
資本金3,150万円に増資
平成 3年
本社福利厚生棟増設
平成 6年
代表取締役に小原榮哲就任
本社営業部門にFAプロジェクトを新設し、工場の自動化・省力化等の分野に進出する
平成 7年
資本金4,800万円に増資
平成 8年
最新のコンピューターシステム導入により、本社・・営業所及び主要取引メーカーをオンラインで結び、管理・納入の流通ネットワークを構築
平成 9年
社名を株式会社コハラに改称
平成10年
工作機械のさらなる強化を推進するため、機工部を新設し情報収集・企画提案型営業の充実をはかる
平成11年
代表取締役に小原照光就任
平成13年
コハラツール&フェア開催(会場:掛川生涯学習センター)
平成14年
コハラマシンフェアー&セミナー開催(会場:本社会議室)
平成15年
浜松営業所を浜松市天王町1451番地1号に開設
平成17年
建設業法 一般 取得
平成19年
㈱中嶋熔接工業所をグループ会社へ
( ㈱コハラが全株式・営業権を譲り受け事業を継承し各種専用機 製造販売開始 )
ISO14001 2004 認証取得
平成21年
㈱コハラ ホース設備・配管プライベートショー開催(会場本社展示場)
平成23年
静岡中部機工会 会長就任(平成23年4月~平成27年3月迄)/小原照光社長
平成24年
『創業90周年記念式典 & 小原 曻会長 卒寿を祝う会』開催
                       (ホテルアンビア松風閣にて)
平成27年
焼津商工会議所 副会頭就任(平成27年4月より)/小原照光社長
志太鉄工機械(協) 副理事長就任(平成27年4月より)/小原照光社長
静岡中部機工会 顧問就任(平成27年4月より)/小原照光社長
平成28年
BCP策定
平成29年
グループ会社の新工場 牧之原に取得(㍿ナカジマテック)

㈱コハラ 昭和の歴史写真